六星占術 占い 当たる 相性 結婚 性格

無料で相性が判る六星占術

六星占術の運命星とは

六星占術には、6つの運命星があります。
土星人・水星人・木星人・天王星人・金星人・火星人の6つです。

 

さらに、それぞれの星人の中にプラスとマイナスがあります。
自分の星人を知るためには、生年月日で簡単に知ることが可能です。

 

早見表があるので、それに当てはめて自分が何星人であるのかをまず知ることが大切です。

 

六星占術を知ることは、運命星を知ることでもあります。
そこから、これからの人生の過ごし方やどのように生きていくのかを知ることが出来ます。

 

これからの人生を過ごしやすくするための指針でもあるのです。
自分の運命星によって、相性などを知ることが出来ます。

 

自分に最適なパートナーを知ることによって、仕事も家庭も充実したものとなるでしょう。
自分の運命星をしって、これからの人生を充実したものとしましょう。
スポンサーリンク

プラスとマイナスの違い

自分の運命星がわかれば、次に自分の干支でプラスかマイナスかを調べましょう。
このプラスとマイナスというのは、プラスだから良いというわけではありません。

 

この違いというのは、自分の運命星に備わっている性格やその時の運気の状態などがプラスのほうがはっきりと出やすくなります。

 

反対にマイナスの人は、プラスの人に比べて少し控えめという程度です。
運命星によっては、プラスとマイナスとではっきりと違いが出てくるものもあります。

 

プラスとマイナスとでは、全く性格が違うものもあります。
全ての運命星を見てみると、プラスとマイナスの違いというのは実に面白く表れています。

 

自分の運命星だけでなく、友人や家族の運命星も見てみてください。

 

付き合っている彼と乱気の時期に結婚するのはダメでしょうか?

六星占術では、乱気の時期に結婚をすることはあまりよいことではありません。
ですが結婚の場合には、女性と男性の両方を見るというわけではありません。

 

結婚の場合には、男性の運気が何処にあるのかによって判断をします。
この場合には女性だけが乱気の時期にあり、男性の運気はとても良いようなので結婚をしても大丈夫です。

 

男性側に問題が無ければ、特に心配する必要は無いでしょう。
今回のように乱気の時期ということで、結婚を考えてしまうことはよくあります。

 

誤った判断をしないように、きちんと知識を持って対処することが大切です。
結婚に大切なことは乱気などの運気だけではなく、二人の宿命や運命星の相性なども関係してきます。

 

総合的に判断する必要があるので、運気だけで決めてしまわないようにしましょう。
スポンサーリンク

宿命を変えるには

人間は、持って生まれた宿命を変えることが出来るのでしょうか。
人にはそれぞれ宿命星があります。

 

宿命を変えるということは出来ません。
人は、宿命星に従って生きていくことが幸せへと繋がるのです。

 

宿命星が指し示す方向に逆らって生きると、その先の人生で苦しむことになってしまいます。

 

宿命通りに生きていかなければ、どんなに努力をしても報われることはありません。
反対にマイナスの方向に進んでいくかもしれないからです。

 

ある時点まで上手く人生が進んでいたとしても、ある日突然壊れてしまうこともあります。
人には本来持って生まれた適正や能力といいたものがあります。

 

宿命を無視した生き方をしていると、本来の能力を発揮することが出来ません。
それどころか、苦しみや悩みが大きくなり人生に絶望してしまうこともあります。

 

宿命通りに生きていくことが望ましいのですが、自分の運命はいくらでも変えることが出来ます。
運命盤に従って、自分の行動する時期などを知るようにしましょう。
スポンサーリンク