六星占術 相性 風行星 大木星

風行星・大木星

風行星

風行星(ふうこうせい)とは、行動力や戦いを表す星で動乱期に力を発揮することが出来ます。

 

二十代や三十代でこの星の支配下におかれると、自分の能力を最大限に発揮することが可能です。
気力も体力も充実しているので、仕事運も最高の時期といえるでしょう。

 

この年代以外であっても、エネルギッシュに生きることが出来る時期でもあります。
短期決戦に向いている星ですから、かけひきや作戦を考えるような長期戦には向いていません。

 

落ち着きや安定といったものには縁がないので、多忙な十年間となることでしょう。
ですが、積極的に行動することで必ず何らかの成果を得ることが出来ます。

 

何事に対しても自信に満ち溢れ、度胸も座っているので勝負をするならこの時期しかありません。
もしも逆境に陥ったとしても、そこでへこたれるような星ではありません。

 

ひとつのことに打ち込むことで、ブレークすることが可能です。
女性は姉御肌タイプとなり、物事を白黒つけないとダメなことが多いようです。
スポンサーリンク

大木星

大木星(たいぼくせい)という星に支配されている時期には、集団や組織の中で上手に渡り歩くことが出来ます。

 

決して集団の中で、反発したりするようなことはありません。
四十代や五十代の時期にこの星に支配されると、管理職を全うすることが出来るでしょう。

 

部下の信頼も厚く、臨機応変に対応が出来る頼もしい管理職となることが出来ます。
まさに、理想的な上司となることが出来るでしょう。

 

二十代の時期のこの星に支配されると、相手から何かを求められるようになってしまいます。
例えば、婿養子に入る・家業を継ぐといったような具合にです。

 

女性であれば、年老いた両親の面倒を見ることになってしまいます。
恋愛では前向きになることが出来ずに、失恋を恐れてしまいがちです。

 

そのために、女性は婚期を逃してしまうこともあります。
結婚すると恐妻になることが多いのですが、夫唱婦随ではなく婦唱夫随であれば結婚生活は上手くいくでしょう。
スポンサーリンク