六星占術 相性 運命盤

六星占術の宿命と運命盤

六星占術の宿命とは

六星占術でいう宿命というのは、その方向性のことを言います。

 

例えば、同じ水星人であったとしても方向性が異なることでその運命は変わってきます。
主婦や作家など、その立場によって方向性というのは異なります。

 

これは同じ水星人であっても、持っている宿命星がことなるからなのです。
宿命星とぴったりと合ったような生き方をしている場合には、その結果がストレートに現れてきます。

 

皆から信頼され、才能が高く花開くような生き方が出来るでしょう。
反対に宿命星に合っていないような生き方をすると、せっかくの幸運期であったとしてもぱっとしません。

 

それほど、運命と宿命というのは大きな関係があるのです。
不運な人生だと嘆いているのであれば、まずは自分の宿命を知るようにしましょう。
宿命に合った生き方をすることで、人生が楽しくなります。
スポンサーリンク

六星占術と先祖供養

人間は、先祖無くして生きていくことは出来ません。

 

先祖と子孫というのは深いつながりがあり、先祖供養というのも大切な行為なのです。
先祖供養で一番大切なことは、供養したいと願う真心です。

 

何の心もこもっていない状態でお参りをしても意味がありません。
それに立派なお墓やお寺に供養したからといって、きちんと心をこめてお参りをしなければどうしようもないのです。

 

形式的にきちんと整っていなくても、まずは真心をこめて供養するということが大切なのです。
自分ひとりの先祖と考えても、何と1000人以上いることになります。

 

そうした一人ひとりの供養をきちんと行うことによって、宿命も運命も自分に跳ね返ってくることになるのです。
先祖の中には殺人をおかした方や泥棒という方もいらっしゃるかもしれません。

 

そういった先祖の魂というのは、低い境涯をさまよっているかもしれません。
そういった魂をひとつひとつ供養していくことが、今の自分の幸せへと繋がっていくのです。
スポンサーリンク

六星占術の運命盤

六星占術の運命盤というのは、時間や日・年ごとの運命のエネルギーの状態を知ることが出来る案内図のようなものです。

 

他にも、広く活用することが出来るのでぞの読み方を勉強しておきましょう。
運命盤というのは、東西南北をそれぞれ卯・酉・午・子に当てはめて考えます。

 

そしてその方向が、現在(立花)なのか(陰影)なのかといったようなことを読み取ります。
運命盤を読み取ることで、現在の自分がどのような行動を取ればよいのかがわかります。

 

行動すべきか、そのままじっと耐えるべきなのかを判断することが出来るのです。
これから何か新しいことを始めようと考えているのであれば、六星占術の運命盤で確認するようにしましょう。

 

間違った行動を起こすことで、トラブルになったり財産を失くすことにもなりかねません。
運命盤に沿った生き方をすることで、新しく運命を開くことが可能となります。
毎日の人生に運命盤を取り入れることによって、よりよい人生を歩んでいくことが出来るでしょう。
スポンサーリンク