六星占術 相性

六星占術の相性と運気の読み方

六星占術による相性の見方

六星占術には、運命星同士の相性があります。

 

相性を見る為には、相手がどの運命星でプラスかマイナスなのかを知る必要があります。
恋愛に限らず友人や、職場での関係などを良くするために相性を知ることはとても大切なことです。

 

運命星同士の組み合わせ表があるので、まずはそれを参考にしてみてください。
もしも二人の相性が悪かったとしても落ち込んではいけません。

 

二人の運命が良くなるような付き合い方もあります。
六星占術による相性というのは、あくまでも相性のみです。

 

そこに宿命星や干支などが加わると、相手への接し方なども変わってきます。
六星占術による相性はあくまでも一般的な相性ですから、接し方や対処の方法などを学ぶことが大切です。
スポンサーリンク

12周期の運気の読み方

六星占術による12周期の運気で大切なことは、その裏にある宿命もきちんと読むということです。

 

六星占術で幸運期に入ったときには強調されますが、大殺界に入ったときには逆方向に進んでいきます。
例えば「大善星」ですが、この星は家庭円満で夫婦関係も上手く行くという星です。

 

幸運期に出会うことで家庭円満で夫婦生活も上手く行きます。
ですが運気の悪い時期に出会ってしまうと、家庭の中に問題が起こるようになってしまいます。

 

このように12周期の運気というのは、宿命と運命の両方をきちんと読み取る必要があります。
先祖の徳と深い関わりのある宿命というのは、大殺界の影響をもろに受けてしまいます。

 

こういった影響を受けない為にも、謙虚に生きることが大切です。
人間は生かされているのだということを、深く理解することが大切なのです。

 

運命や宿命を勉強し様々なことを知ったとしても、貴方の根本的な生き方が解らなければ良い人生を送ることは出来ません。
12周期の運気だけを読むのではなく、宿命も一緒に読み取る習慣を身につけるようにしましょう。
スポンサーリンク